5月 25 2016

株で投資を始めるなら言葉の意味を理解していこう

将来の安定した生活のために貯蓄をしている方も多いと思いますが、もっと資産を増やすために投資をはじめてみませんか? ただ眠っていたままの貯蓄がなんとなくもったいないと感じたら、もしかしたらそれは投資を始めるきっかけになるかもしれません。とはいっても、初心者にしてみれば、専門用語の意味すら分からないことが多いと思いませんか?

例えば、聞きなれている「日経」という言葉。正しく意味を答えることができる初心者の方がどのぐらいいるでしょうか。日経とは通称で、正式名称は日経平均株価を意味しています。日経平均株価とは、東証一部上場企業およそ1700あるうち225銘柄を選出して、その平均を算出した数字を指します。東京証券取引所が1950年に始めました。これは日本全体の景気機を判断するときに必要な指数なので、テレビのニュースや新聞でも連日取り上げている情報です。

なぜ225銘柄だけ選ばれるのかという話ですが、これには諸説あるようで、例えば全銘柄の中からバランスよく選んだ結果が225銘柄だったという話や、1950年当初、東証に上場していた企業が225社だったという話もあるようです。今現在の225銘柄を見ると、日本平均株価に採用されている銘柄は食品や繊維、石油、銀行、自動車関連、医薬品、水産、鉄道、ガス、商社、鉱山、パルプ、鉄鋼業など、私たちの生活に密着した分野ばかりです。

株を始めるにあたり、誰もが利益のことを気になると思いますが、ここで過去の話をご紹介します。1989年12月29日、世の中はまさにバブル絶頂期です。この日に最高値38,957円を記録しました。ちなみに2008年10月28日、リーマンショックの影響が響いて6,994円の最安値が付いたのは記憶に新しいのではないでしょうか。投資を始めるには、日本だけでなく世の中の経済や政治に関する流れを把握する必要があります。そんなときに役立つのが日本経済新聞です。今はネットでも購読できるので、この機会に目を通してみてはいかがでしょうか。

5月 13 2016

日経225証拠金取引の取引時間について。

マネースクウェア・ジャパンという証券会社は、日経225証拠金取引の取引時間帯をすべてカバーしています。
その詳細について調べてみましたので、ご興味がある方は参考にしてみてください。

まず、通常の日本の株式市場の取引時間のことからお話ししましょう。
前場と呼ばれる9時から11時30分までの時間、そして後場と呼ばれる12時30分から15時までの計5時間が取引時間です。
大阪取引所の日経225先物でも、およそ17時間(午前9時から翌朝午前3時まで)。
いずれも祝日に取引をすることができません。

ところが、マネースクウェア・ジャパンの日経225証拠金取引の場合を見てみましょう。
なんと、土日以外は祝日も含め、世界三大市場の取引時間帯をすべてカバーしているというのです。
世界三大市場とは、
・東京(日経平均株価)
・ニューヨーク(NYダウ)
・ロンドン(FTSE100)
であり、それによってほぼ24時間取引をすることが可能となっています。
付帯的な開始時刻は日本時間の午前8時30分、終了時刻は日本時間の翌日午前6時、サマータイムなら翌朝午前5時です。
休業日は土曜と日曜、さらに1月1日のみということで、取引時間が長いだけでなく一年を通してみてもかなり効率的に投資ができるのではないでしょうか。

夜に取引ができることにメリットを感じられないという方もいらっしゃるかもしれません。
ですが、投資の本番はある意味夜からと言っても過言ではないのです。

・日中仕事をしている方は夜間から本格的な取引戦略に入れる
・海外市場の要因により相場が急変してもタイムリーな取引で対応
・取引時間が長いことで翌日の東京市場の価格に柔軟に対応が可能(それによる超短期売買の弊害はしっかりとカバー)

ということが魅力です。
ご自身の生活リズムに応じた取引ができるというのはとても大きな特徴でしょう。

もし日経225証拠金取引をしてみたいという方は、マネースクウェア・ジャパンがおすすめです。

5月 04 2016

資産運用を始めるなら専門用語をひとつずつ理解しよう

株でもFXでも、初めての方にしてみれば未知なる世界ではないでしょうか。専門用語すら分からない、仕組みだって知っているようで知らないことが山積みです。そのため、始めるにあたり初心者向けの情報から学ぶことで敷居を低くすることができます。まずは仕組みを知ること、そのとき出てきた専門用語をその都度調べること、これで株やFXの流れを把握することができるはずです。

例えば日経とは、日経平均や日経225と呼ばれることが多く、東京証券取引所の一部上場銘柄1700のうちの225銘柄を対称にしています。テレビニュースや新聞などでもよく見かけるフレーズですね。それからFX関連の言葉にロスカットという言葉も聞きなれないと思いますが、投資の基本はトレードの格言から学ぶことができます。ロスカットとは、外国為替証拠金取引、通称FXで使われるフレーズです。損切りのことをロスカットと呼んでいるのですが、「ロスカットやすばやく、利食いはゆっくり」という格言があります。

これは損失を大きくしないために覚えておいてもらいたい格言で、損失が大きくなる前にすばやくロスカットをしたほうがいいという意味、利益が出た場合はゆっくりと様子を見ながら売ったほうがいいという意味なんですね。初心者の場合は特に、損失を生みたくないという思いから「もしかしたらマイナスの状態からプラスに変化するかもしれない」と売るきっかけを失ってしまうんです。そのため、気付いたら損失が大きくなってしまったという経験談もチラホラ聞こえてきます。

将来の安定した生活のためにFXを始めたけれど失敗したという方の大半は、ロスカットに踏み切れなかったことが原因のひとつになっているようです。FX上級者のほとんどはロスカットを実践しているので「損失は小さく、利益は大きく」をモットーに長くFXを続けられるみたいです。忍耐強さが必要になるFX。慣れるまでは大変かもしれませんが、仕組みや流れについてゆっくりと理解していくといいでしょう。